オッカーヴィル・リヴァー Okkervil River

1998年にテキサス州オースティンでウィル・シェフ( Will Sheff )を中心に結成された5人組バンドです。バンド名はロシアの女性作家タチヤーナ・トルスタヤ( Tatyana Tolstaya )の短編小説の題名『オーケルヴィル川』から拝借されました。ルー・リードの前座を務め、ロッキー・エリクソンと共演したり、ノラ・ジョーンズに楽曲提供したりしています。アルバムは2002年「Don't Fall in Love with Everyone You See」、2003年「Down the River of Golden Dreams」、2005年「Black Sheep Boy」、2007年「The Stage Names」、2008年「The Stand Ins」、2011年「I Am Very Far」などがあります。
Don't Fall in Love With Everyone You See
Okkervil River
[収録曲]
  1. Red
  2. Kansas City
  3. Lady Liberty
  4. My Bad Days
  5. Westfall
  6. Happy Hearts
  7. Dead Dog Song
  8. Listening To Otis Redding At Home During Christmas
  9. Okkervil River Song
ダニエル・ジョンストンが参加しています。
ウィル・シェフによるアルバムの解説は、
"The goal was to push my brain to places it didn't want to go. The idea was to not have any idea to keep myself confused about what I was doing,"
Okkervil River - Westfall
I Am Very Far
Okkervil River
[収録曲]
  1. The Valley
  2. Piratess
  3. Rider
  4. Lay of the Last Survivor
  5. White Shadow Waltz
  6. We Need a Myth
  7. Hanging From a Hit
  8. Show Yourself
  9. Your Past Life is a Blast
  10. Wake and Be Fine
  11. The Rise
Okkervil River- The Valley
Okkervil River - Wake and Be Fine
Okkervil River - Lay Of The Last Survivor
ザ・シルヴァー・ジムネイジアム
オッカーヴィル・リヴァー
[収録曲]
  1. It Was My Season
  2. On A Balcony
  3. Down Down The Deep River
  4. Pink-Slips
  5. Lido Pier Suicide Car
  6. Where The Spirit Left Us
  7. White
  8. Stay Young
  9. Walking Without Frankie
  10. All The Time Every Day
  11. Black Nemo
Okkervil River - It Was My Season
Okkervil River - Stay Young (Live on KEXP)