リッキ―・リー・ジョーンズ Rickie Lee Jones

1954年11月8日にシカゴに生まれました。崩壊した家庭に育ち、7歳の時から曲を書き始めますが、15歳で家出して車を盗みフェニックスからサンディエゴまで出かけたり、1年間に3つの高校を退学になったり、奔放で荒れた生活を送りました。その後、1973年に単身ロサンジェルスに出て、イタリア式レストランのウェイトレスをしながら曲を作り続け、クラブ・トルバドールの月曜の夜のフーテナニーに出演して歌い、音楽活動を続けました。1977年には、ここに出ていたトム・ウェイツと知り合い1年間ほど交際しました。リッキ―に転機が訪れるのは、彼女が尊敬するリトル・フィートのローウェル・ジョージが、彼女の4曲入りデモ・テープの中の一曲「イージー・マネー」を気に入り、アルバム「サンクス・アイル・イート・ヒア(イート・イット・ヒア)」の中で取り上げたことです。それが切っ掛けでワーナー・ブラザーズと契約し、1977年に発売した「チャック・Eズ・イン・ラブ」(恋するチャック)がヒットとなり、25歳でグラミー賞の最優秀新人賞に輝きました。初アルバムは1979年「浪漫」です。続いて1981年の「Pirates」はゴールド・ディスクを受賞しています。その後、一時は酒と薬物に溺れ低迷しましたが、1989年「Flying Cowboy」で復帰しました。

2010年5月19日、21日に来日公演しました。2012年9月27日、28日に来日しました。2013年8月5日~7日に来日公演でした。2016年10月4日にビルボードライブ東京で公演しました。
バーム・イン・ギリヤド
リッキー・リー・ジョーンズ
[収録曲]
  1. ワイルド・ガール
  2. オールド・イナフ
  3. リメンバー・ミー
  4. ザ・ムーン・イズ・メイド・オブ・ゴールド
  5. ヒズ・ジュエルド・フロア
  6. ユーカリプタス・トレイル
  7. ザ・ブルー・ガゼル
  8. ザ・ゴスペル・オブ・カルロス、ノーマン・アンド・スミス
  9. ボンファイアーズ
  10. ベイレス・ストリート
2009年に発表された12作目は処女作に近い雰囲気を持ったアルバムです。ビル・フリーゼル、ベン・ハーパー、ヴィクトリア・ウィリアムズ、アリソン・クラウス、ヴィック・チェスナットらが参加しています。
Rickie Lee Jones - Old Enough
Pirates
Rickie Lee Jones
Warner Bros.
[収録曲]
  1. We Belong Together
  2. Living It Up
  3. Skeletons
  4. Woody and Dutch on the Slow Train to Peking
  5. Pirates (So Long Lonely Avenue)
  6. Lucky Guy
  7. Traces of the Western Slopes
  8. Returns
三作目のアルバムです。
バックを支えるのは、ドナルド・フェイゲン、スティーヴ・ガッド、ランディ・ブレッカー、ディヴィッド・サンヴォーン、トム・スコット、スティーヴ・ルカサー、チャック・レイニーなどです。

※当時の日本盤では、たしか田中康夫氏が浮かれたようにクリスタルな解説を書いていました。ひとつ引用してみます。
「ジャージーでハーティーなリッキー・リー・ジョーンズ。彼女はモノトーンな都会に暮らしている僕たちに、さまざまな気分を、そしてシーンを与えてくれる。」
Rickie Lee Jones - Pirates
Rickie Lee Jones
Rickie Lee Jones
[収録曲]
  1. Chuck E.'s in Love
  2. On Saturday Afternoons in 1963
  3. Night Train
  4. Young Blood
  5. Easy Money
  6. Last Chance Texaco
  7. Danny's All-Star Joint
  8. Coolsville
  9. Weasel and the White Boys Cool
  10. Company
  11. After Hours (Twelve Bars Past Goodnight)
Rickie Lee Jones - Chuck E.'s In Love
Ricky Lee Jones - Last Chance Texaco
It's Like This
Epic
[収録曲]
  1. Show Biz Kids
  2. Trouble Man
  3. For No One
  4. Smile
  5. Low Spark of High Heeled Boys
  6. On the Street Where You Live
  7. I Can't Get Started
  8. Lazy River
  9. Someone to Watch over Me
  10. Cycles
  11. One Hand, One Heart
Rickie Lee Jones - Smile
Rickie Lee Jones - The Low Spark Of High Heeled Boys
The Sermon on Exposition Boulevard
New West
[収録曲]
Disc.1
  1. Nobody Knows My Name
  2. Gethsemane
  3. Falling Up
  4. Lamp Of My Body
  5. It Hurts
  6. Where I Like It Best
  7. Tried To Be A Man
  8. Circle In The Sand
  9. Donkey Ride
  10. 7th Day
  11. Elvis Cadillac
  12. Road To Emmaus
  13. I Was There
Disc.2
  1. How It All Began
  2. Turn It Down
  3. Late Night Song
  4. Threat Of The Bomb
  5. Tried To Be A Man
  6. The Mystery Box
  7. It Hurts
  8. I Have Another Day
  9. Caught Me In It's Ray
  10. Haven't Had Anything To Eat Today
  11. I Was There
  12. CreditsBonus MP3s for download to MP3 player
Rickie Lee Jones - It Hurts
Devil You Know
Rickie Lee Jones
ベン・ハーパー( Ben Harper )がプロデュースしています。ハーパーやニール・ヤング( Neil Young )、ティム・ハーディン( Tim Hardin )らの追演曲集です。
ザ・デヴィル・ユー・ノウ
リッキー・リー・ジョーンズ
[収録曲]
  1. 悪魔を憐れむ歌
  2. 恋の痛手
  3. マスターピース
  4. ザ・ウェイト
  5. セント・ジェームス病院
  6. 故郷の君
  7. リーズン・トゥ・ビリーヴ
  8. プレイ・ウィズ・ファイア
  9. シームス・ライク・ア・ロング・タイム
  10. キャッチ・ザ・ウィンド
Rickie Lee Jones - Sympathy For The Devil
Rickie Lee Jones - St. James Infirmary