ロキア・トラオル Rokia Traore ( Rokia Traoré )

西アフリカのマリ共和国出身で、フランスを拠点に音楽活動をしている自作自演歌手です。外交官だった父の下で、幼い時からアルジェリア、サウジアラビア、ベルギー、フランスなどで、さまざまな音楽に触れて育ちました。同時に彼女の音楽はマリの伝統に立脚し、アコースティック・ギターやエレクトリック・ベース以外に民族楽器であるバルフォン( balafon )、ンゴニ( n'goni )、コラ( kora )を使ったとてもミニマルな音楽を作り出しています。アルバムは1998年「Mouneïssa」、2000年「Wanita Wanita」、2004年「Bowmboï」、2008年「Tchamantché Tchamantché」、2013年「Beautiful Africa」があります。
Tchamantche
Rokia Traore
Universal
[収録曲]
  1. Dounia
  2. Dianfa
  3. Zen
  4. Aimer
  5. Kounandi
  6. Koronoko
  7. Tounka
  8. Tchamantche
  9. A Ou Ni Sou
同郷のアリー・ファルカトゥーレに捧げた4作目です。
チャマンチェ
ロキア・トラオル
P-VINE
  1. 世界
  2. 裏切
  3. 愛すること
  4. 幸運なる者
  5. 心の中
  6. 移住
  7. 真ん中
  8. 私の彼氏
  9. こんばんは
Rokia Traore - Bowmboi LIVE: Sara (Nonesuch 2004)
Beautiful Africa
Rokia Traoré
[収録曲]
  1. Lalla
  2. Kouma
  3. Sikey
  4. Ka Moun Kè
  5. Mélancolie
  6. N'téri
  7. Tuit Tuit
  8. Beautiful Africa
  9. Sarama
Rokia Traoré - Ka Moun Ké
Rokia Traoré - Mélancolie