ロイ・ブキャナン Roy Buchanan

1939年9月23日にアーカンソー州オウザークで生まれ、カルフォルニア州ビッグスレーで育ちました。ブラインド・ボーイフラー、ジョニー・ギター・ワトスン、スコッティ・ムーア、ロイ・ニコルスらの影響を受けてギターを独習し、15歳でジョニー・オーティスのバック・バンドの一員として働き始めました。1958年にはデイル・ホーキンスのバンドで「My Babe」を初録音する経験をして、その後も数多くのセッション・ワークをこなしました。1971年にTV局がロイ・ブキャナンを特集した『世界最高の無名ギタリスト』を放映しました。これを切っ掛けにして注目され、1972年に初アルバム「Roy Buchanan」を発表しました。以降14枚のアルバムを発表しています。代表アルバムは1973年「Second Album」、1975年「Live Stock」、1977年「Loading Zone」、1985年「When A Guitar Plays The Blues」、1986年「Dancing On The Edge」、1987年「Hot Wires」などがあります。
順調にも見えたのですが、1988年8月14日に泥酔して収容されたヴァージニア州フェアファックスの留置場で首吊り自殺しました。理由は不明です。
来日は1977年6月、1986年9月です。
Street Called Straight
Roy Buchanan
[収録曲]
  1. Running Out
  2. Keep What You Got
  3. Man On The Floor
  4. Good God Have Mercy
  5. Okay
  6. Caruso
  7. My Friend Jeff
  8. If Six Was Nine
  9. Guitar Cadenza
  10. The Messiah Will Come Again
  11. I Still Think About Ida Mae
Live Stock/ A Street Called Straight
Roy Buchanan
[収録曲]
  1. Reelin’ and Rockin’
  2. Hot Cha
  3. Further On Up The Road
  4. Roy’s Bluz
  5. Can I Change My Mind
  6. I’m A Ram
  7. I’m Evil
  8. Running Out
  9. Keep What You Got
  10. Man On The Floor
  11. Good God Have Mercy
  12. Okay
  13. Caruso
  14. My Friend Jeff
  15. If Six Was Nine
  16. Guitar Cadenza
  17. The Messiah Will Come Again
  18. I Still Think About Ida Mae
「Live Stock」と「A Street Called Straight」の2枚1組です。
When a Guitar Plays the Blues
Roy Buchanan
Alligator
[収録曲]
  1. When a Guitar Plays the Blues
  2. Chicago Smokeshop
  3. Mrs. Pressure
  4. Nickel and a Nail
  5. Short Fuse
  6. Why Don't You Want Me?
  7. Country Boy
  8. Sneaking Godzilla Through the Alley
  9. Hawaiian Punch
Roy Buchanan - Wayfaring Pilgrim