ポール・サイモン Paul Simon

1941年10月13日、ニュージャージー州ニューアークで生まれました。少年期にニューヨークのクイーンズでアート・ガーファンクルに出会い、後にサイモン&ガーファンクル( Simon & Garfunkel )としてデビューしました。ポール・サイモンが作詞・作曲を担当していました。やがて方向性の違いから、1970年のアルバム「明日に架ける橋」を最後に解散しました。ソロ名義でのアルバムは1986年「Graceland」、1990年「Rhythm Of The Saints」などがあります。
Graceland
Paul Simon
Warner Bros.
[収録曲]
  1. Boy in the Bubble
  2. Graceland
  3. I Know What I Know
  4. Gumboots
  5. Diamonds on the Soles of Her Shoes
  6. You Can Call Me Al
  7. Under African Skies
  8. Homeless
  9. Crazy Love, Vol. II
  10. That Was Your Mother
  11. All Around the World or the Myth of Fingerprints
南アフリカの音楽を摂取してグラミー賞を獲得しました。
リズム・オブ・ザ・セインツ(紙ジャケット仕様)
ポール・サイモン
ワーナーミュージック・ジャパン
[収録曲]
  1. オヴィアス・チャイルド
  2. キャント・ラン、バット
  3. コースト
  4. プルーフ
  5. ファーザー・トゥ・フライ
  6. シー・ムーヴズ・オン
  7. ボーン・アット・ザ・ライト・タイム
  8. クール・クール・リヴァー
  9. スピリット・ヴォイセズ
  10. リズム・オブ・ザ・セインツ
  11. ボーン・アット・ザ・ライト・タイム(アコースティック・デモ)
  12. テルマ(アウトテイク)
  13. コースト(デモ)
  14. スピリット・ヴォイセズ(デモ)
アフリカのリズムに加えて、ブラジルのリズムを取り入れています。
バート・ヤンシュ( Bert Jansch )作の Angie を演奏しているところです。
Paul & Ed Simon - Anji (Live At The Kraft Music Hall 1968)
So Beautiful Or So What
Paul Simon
[収録曲]
  1. Getting Ready for Christmas Day
  2. The Afterlife
  3. Dazzling Blue
  4. Rewrite
  5. Love and Hard Times
  6. Love Is Eternal Sacred Light
  7. Amulet
  8. Questions for the Angels
  9. Love & Blessings
  10. So Beautiful Or So What
HEARMUSICに移籍しての第一作目です。旧知のフィル・ラモーンを共同プロデューサーに迎えています。
Paul Simon feet. Phoebe Snow - Gone At Last
邦題は「悲しみにさよなら」です。
Stranger to Stranger
Paul Simon
[収録曲]
  1. The Werewolf
  2. Wristband
  3. The Clock
  4. Street Angel
  5. Stranger to Stranger
  6. In a Parade
  7. Proof of Love
  8. In the Garden of Edie
  9. The Riverbank
  10. Cool Papa Bell
  11. Insomniac’s Lullaby
Paul Simon - Wristband
Paul Simon - Cool Papa Bell
Paul Simon - Sound Of Silence (Live 2016)