ライ・クーダー Ry Cooder

1947年3月15日にカリフォルニア州サンタモニカで生まれました。本名はライランド・ピーター・クーダー( Ryland Peter Cooder )です。ジョン・フェイヒからスライド・ギターを教わり、ジョゼフ・スペンスからはオープン・チューニングを学びました。1967年にタジ・マハールのレコーディングに参加し、以降もセッション・ミュージシャンとして数え切れないほどの参加アルバムがあります。自己名義アルバムでは、米国ルーツ・ミュージックを現代的に再解釈して世に送り出しています。1970年の初アルバム「Ry Cooder」、続く1972年「Into the Purple Valley」でその地位を確立しました。その後に出た1972年「Boomer's Story」、1974年「Paradise & Lunch」も高い評価を得ました。源流へと向かう彼の旅は、アリ・ファルカトゥーレなど世界の音楽家と交流演奏するまでにふくらんでいます。また、映画音楽にも触手を伸ばし、ヴィム・ヴェンダースやウォルター・ヒル監督の作品での音楽を担当しました。さらに映画『Buena Vista Social Club』ではキューバまで出向いてフィルム製作を手掛けました。
来日は1978年、1993年でした。2009年11月4日、5日、6日、9日、10日、11日にも来日しました。ニック・ロウと一緒です。ライ・クーダーは、1980年代以降は映画音楽を主体に仕事をして来ましたが、2008年6月から欧州巡業を行い後、11月に日本公演でした。ライは1993年のデヴィッド・リンドレーとの来日以来14年振り、ニック・ロウは2003年のフジ・ロック・フェス以来6年振りのことです。ライのギター、ニックのベース、ライの息子ヨアキム・クーダー( Joachim Cooder )のドラム、ヨアキム夫人ジュリア・コマジェーレ( Juliette Commagere )を含む女性歌手2名の布陣です。残念なことに、アコーディオン奏者のフラーコ・ヒメネスが腰を痛めて不参加でした。
紫の峡谷<紙ジャケット仕様>
ライ・クーダー(アーティスト)
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
[収録曲]
  1. キャン・ユー・キープ・オン・ムーヴィング
  2. ビリー・ザ・キッド
  3. マニー・ハニー
  4. トリニダードのF.D.R.
  5. ティアドロップス・ウィル・フォール
  6. デノミ・ブルース
  7. オン・ア・マンデー
  8. ヘイ・ポーター
  9. 天国からの夢
  10. タックス・オン・ザ・ファーマー
  11. 自警団員
1曲々々が風俗を照射する短編のように作られています。
スライド奏法から繰り出される音は、海面1m上を飛行する絹の糸のように滑らかです。弦を強くひっぱたいてパワーコードを鳴らすばかりが音楽ではなく、音の強弱のふくらみによる動力学的展開もあります。
Ry Cooder - Billy the Kid
Into the Purple Valley
Ry Cooder(アーティスト)
WEA International
[収録曲]
  1. How Can You Keep Moving (Unless You Migrate Too)
  2. Billy the Kid
  3. Money Honey
  4. F.D.R. in Trinidad
  5. Teardrops Will Fall
  6. Denomination Blues
  7. On a Monday
  8. Hey Porter
  9. Great Dream from Heaven
  10. Taxes on the Farmer Feeds Us All
  11. Vigilante Man
Ry Cooder - Vigilante Man (Old Grey Whistle Test, 1973)
ショー・タイム(ライヴ)
ライ・クーダー≪完全生産限定(アーティスト)
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
[収録曲]
  1. スクール・イズ・アウト
  2. アリモニー
  3. ジーザス・オン・ザ・メインライン
  4. ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート
  5. ビバ・セギーン~ドレミ
  6. きみのところへ帰りたい
  7. 貧しい男が生きるには
  8. スマック・ダブ・イン・ザ・ミドル
小さなクラブでの臨場感が良く伝わる、”武道館”では決して味わえないくつろいだ雰囲気のライブ盤です。メキシコ系のテックス・メックス、ゴスペル、バハマ諸島などの源流から届けられる音楽。『The Dark End Of The Street』の間奏に挿入されるスライドギターに聞き惚れます。
Ry Cooder - At the Dark End of the Street
Show Time
Ry Cooder(アーティスト)
Warner
[収録曲]
  1. School Is Out
  2. Alimony
  3. Jesus on the Mainline
  4. Dark End of the Street
  5. Viva Seguin/Do Re Mi
  6. Volver, Volver
  7. How Can a Poor Man Stand Such Times and Live
  8. Smack Dab in the Middle
「School Is Out」はゲイリー・U.S.ボンズ( Gary U.S. Bonds )のヒット曲です。
Ry Cooder - Jesus On The Mainline
Ry Cooder - How Can A Poor Man Stand Such Times And Live [Record plant 1974]
Rising Sons Featuring Taj Mahal & Ry Cooder
Rising Sons
[収録曲]
  1. Statesboro Blues [#]
  2. If the River Was Whiskey (Divin' Duck Blues) [#]
  3. By and by (Poor Me) [#]
  4. Candy Man
  5. 2:10 Train [#]
  6. Let the Good Times Roll [#]
  7. 44 Blues [#]
  8. 11th Street Overcrossing [#]
  9. Corrina, Corrina [#]
  10. Tulsa County [#]
  11. Walkin' Down the Line [#]
  12. Girl With Green Eyes [#]
  13. Sunny's Dream [#]
  14. Spanish Lace Blues [#]
  15. Devil's Got My Woman
  16. Take a Giant Step [#]
  17. Flyin' So High [#]
  18. Dust My Broom [#]
  19. Last Fair Deal Gone Down [#]
  20. Baby, What You Want Me to Do [#]
  21. Statesboro Blues [#]
  22. I Got a Little [#]
ビートルズ路線とブルース路線が混在したバンド、1964年に結成され、1966年に解散した売れ損なったバンドです。このアルバムは発売されることはなかったのですが、タージ・マハルとライ・クーダーが在籍していたことで、10年以上の歳月を経て陽の目を見ました。
チキン・スキン・ミュージック(紙ジャケット仕様)
ライ・クーダー(アーティスト)
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
[収録曲]
  1. ブルジョワ・ブルース
  2. アイ・ガット・マイン
  3. いつも優しく
  4. 浮気はやめなよ
  5. スマック・ダブ・イン・ザ・ミドル
  6. スタンド・バイ・ミー
  7. 黄色いバラ
  8. クロエ
  9. グッドナイト・アイリーン
ライ・クーダー・ファースト
ライ・クーダー≪完全生産限定(アーティスト)
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
[収録曲]
  1. アリモニー
  2. フランス・チャンス
  3. ワン・ミート・ボール
  4. ドレミ
  5. オールド・ケンタッキー
  6. プア・マン
  7. アヴェイラブル・スペイス
  8. ピッグ・ミート
  9. ポリス・ドッグ・ブルース
  10. ゴーイン・トゥ・ブランズヴィル
  11. ダーク・イズ・ザ・ナイト
流れ者の物語
ライ・クーダー≪完全生産限定(アーティスト)
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
[収録曲]
  1. 流れ者の物語
  2. チェリー・ボール・ブルース
  3. ブラック・チキン
  4. スウィート・ママ
  5. マリア・エレナ
  6. ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート
  7. 旗のもとに集まろう
  8. 翼と祈りに支えられ
  9. ケネディ大統領
  10. ミスター・レイルロード・マン
Little Village
Little Village(アーティスト)
Reprise
[収録曲]
  1. Solar Sex Panel
  2. Action
  3. Inside Job
  4. Big Love
  5. Take Another Look
  6. Do You Want My Job
  7. Don't Go Away Mad
  8. Fool Who Knows
  9. She Runs Hot
  10. Don't Think About Her When You're Trying to Drive
  11. Don't Bug Me While I'm Working
ライ・クーダー(gt,vo)、ジョン・ハイアット(gt,vo)、ニック・ロウ(bs,vo)、ジム・ケルトナー(dr)の4人の共演バンドです。ニック・ロウの言葉によると『この業界の劣等生達が助け合った』ということになります。アメリカ大陸の表通りから外れた『架空の小さな村』で奏でられる音楽は、隅々まで行き届いたもてなしを受けているようです。
Paradise & Lunch
Ry Cooder
[収録曲]
  1. Tamp 'Em Up Solid
  2. Tattler
  3. Married A Man's A Fool
  4. Jesus On The Mainline
  5. It's All Over Now
  6. Fool For A Cigarette/ Feelin' Good
  7. If Walls Could Talk
  8. Mexican Divorce
  9. Ditty Wah Ditty
Ry Cooder & David Lindley - Jesus On The Mainline (New Orleans Jazz & Heritage Festival '90s)
Ry Cooder - It's All Over Now
Borderline
Ry Cooder
[収録曲]
  1. 634-5789
  2. Speedo
  3. Why Don't You Try Me
  4. Down In The Boondocks
  5. Johnny Porter
  6. The Way We Make A Broken Heart
  7. Crazy 'Bout An Automobile (Every Woman I Know)
  8. The Girls From Texas
  9. Borderline
  10. Nerver Make Your Move Too Soon
Ry Cooder - Crazy 'Bout An Automobile
チャベス・ラヴィーン
ライ・クーダー(アーティスト)
ワーナーミュージック・ジャパン
[収録曲]
  1. プアー・マンズ・シャングリ・ラ
  2. オンダ・カレヘーラ
  3. ドント・コール・ミー・レッド
  4. コリード・デ・ボセオ
  5. ムイ・フィフィ
  6. ロス・チューコス・スアヴェス
  7. チニート・チニート
  8. 3・クール・キャッツ
  9. エル・U.F.O.カヨ
  10. イッツ・ジャスト・ワーク・フォー・ミー
  11. イン・マイ・タウン
  12. エヘルチート・ミリタール
  13. バリオ・ヴィエホ
  14. サード・ベース,ドジャー・スタジアム
  15. ソイ・ルス・イ・ソンブラ
2005年の作品で、「チャベス・ラヴィーン」への挽歌です。
1950年代に「チャベス・ラヴィーン」という名のメキシコ系米国人地域社会は、再開発計画のため住民が追い出されて、ドジャー・スタジアムに変更されました。
マイ・ネーム・イズ・バディ
ライ・クーダー(アーティスト)
ワーナーミュージック・ジャパン
2007年の作品で、音楽版『我輩はバディである』です。ただし、座敷猫ではなく放浪猫です。バディ・レッド・キャットという赤猫が放浪する寓話を通して、大恐慌時代の季節労働者の生活や、組合活動を描いています。
I, Flathead
Ry Cooder
Nonesuch
[収録曲]
  1. Drive Like I Never Been Hurt
  2. Waitin' For Some Girl
  3. Johnny Cash
  4. Can I Smoke In Here?
  5. Steel Guitar Heaven
  6. Ridin' With The Blues
  7. Pink-O Boogie
  8. Fernando Sez
  9. Spayed Kooley
  10. Filipino Dance Hall Girl
  11. My Dwarf Is Getting Tired
  12. Flathead One More Time
  13. 5000 Country Music Songs
  14. Little Trona Girl
ライ・クーダー最新作「アイ、フラットヘッド」(*1)は、自身が書き下ろした100頁近い中篇小説に曲を付けたものです。20世紀半ばのカルフォルニアを舞台にした物語で、副題は「キャッシュ・バック&ザ・クラウンズの楽曲集( The Song of Kash Buk and the Klowns)」となっています。
昼はソルト・フラット・レースに興じ、夜はホンキー・トンク酒場で田舎バンドのクラウンズを率いて演奏する主人公キャッシュバックの音楽という設定です。
実はキャッシュ・バックは前作「マイ・ネーム・イズ・バディ」の中の「スリー・コード・アンド・ザ・トゥルース」にも登場していて、本編ではソルト・フラット・レーサー(*2)でもあります。

※注1 フラットヘッドはフォード社製のV8気筒エンジンです。
※注2 ソルト・フラット(湖水が蒸発し塩分が堆積して出来た平地のこと)でホットロッドを走らせるレーサーのことです。
Streets Of Fire: A Rock & Roll Fable (1984 Film)
Original Soundtrack(アーティスト)
MCA
[収録曲]
  1. Nowhere Fast / Fire Inc
  2. Sorcerer / Maririn Martin
  3. Deeper and Deeper / Fix
  4. Countdown to Love / Greg Firingence
  5. One Bad Stud / Platers
  6. Tonight Is What It Means to Be Young / Fire Inc
  7. Never Be You / Maria Mackey
  8. I Can Dream About You / Dan Hertman
  9. Hold That Snake / Ry Cooder
  10. Blue Shadows / Platers
監督:ウォルター・ヒル
出演:マイケル・パレ
出演:ダイアン・レイン
音楽担当:ライ・クーダー
映画のサウンド・トラック盤です。映画の方ではプラターズ以外は記載した通りの吹き替えです。
ライ・クーダーは ジム・ディッキンソン ( Jim Dickinson ) の曲を採り上げています。
The Ry Cooder Anthology: The UFO Has Landed
Rhino
[収録曲]
Disc.1
  1. Get Rhythm
  2. Low--Commotion
  3. Available Space
  4. On a Monday
  5. Do Re Mi
  6. Which Came First
  7. Very Thing That Makes You Rich (Makes Me Poor)
  8. Down in Hollywood
  9. Smells Like Money [From Johnny Handsome]
  10. Let's Work Together [#]
  11. I Got Mine
  12. Cherry Ball Blues
  13. Jesus on the Mainline
  14. Tattler
  15. Teardrops Will Fall
  16. Maria Elena
  17. Jesse James [From the Long Riders]
Disc.2
  1. Paris, Texas [From Paris, Texas]
  2. Theme from Southern Comfort
  3. Tamp 'Em Up Solid
  4. Billy the Kid
  5. Crazy 'Bout an Automobile (Every Woman I Know)
  6. Drive Like I Never Been Hurt
  7. Feelin' Bad Blues [From Crossroads]
  8. Boomer's Story
  9. How Can You Keep Moving (Unless You Migrate Too)
  10. Alimony
  11. Always Lift Him Up/Kanaka Wai Wai
  12. Theme from Alamo Bay
  13. Dark End of the Street
  14. Why Don't You Try Me
  15. Poor Man's Shangri-La
  16. Going Back to Okinawa
  17. Little Sister
息子のヨアキム・クーダーが編集しています。
Ry Cooder - Feelin' Bad Blues
LIVE ON AIR [DVD]
Classic Rock
1970年代のスタジオ・ライブ盤が収録されています。
サン・パトリシオ
チーフタンズ feat.ライ・クーダー
[収録曲]
  1. ラ・イグアナ (with リラ・ダウンズ)
  2. ラ・ゴロンドリーナ(つばめ) (with ロス・フォルクロリスタス)
  3. ヤシ畑のそばで (with リンダ・ロンシュタット)
  4. コンチェロスの踊り (with ロス・フォルクロリスタス)
  5. エル・チーボ (with ロス・センソントレス)
  6. サン・カンピオ (with カルロス・ヌニェス)
  7. メキシコの砂 (with ライ・クーダー)
  8. メキシコへの航海 (with カルロス・ヌニェス)
  9. エル・カバリョ (with ロス・カンペーロス・デ・バージェス)
  10. 戦いへの行進(リオグランデを横断して) (with バンダ・デ・ガイタ・デ・バターリョン・デ・サン・パトリシオ、リーアム・ニーソン、ロス・センソントレス、L.A.ジュベニール)
  11. 死者へのララバイ (with モイヤ・ブレナン)
  12. 月の光 (with チャベーラ・バルガス)
  13. ビリャの交戦記録 (with マリアッチ・サンタ・フェ・デ・ヘスス・グスマン)
  14. カンシオン・ミクステカ (イントロ) (with ライ・クーダー)
  15. カンシオン・ミクステカ (with ロス・ティグレス・デル・ノルテ)
  16. 黒い瞳 (with ロス・センソントレス)
  17. エル・レランパゴ(稲妻) (with リラ・ダウンズ)
  18. エル・パジャロ・ク(銅の鳥) (with ラ・ネグラ・グラシアーナ)
  19. 終章 (with ロス・センソントレス、カルロス・ヌニェス、ロス・フォルクロリスタス、バンダ・デ・ガイタ・デ・バターリョン・デ・サン・パトリシオ、L.A.ジュベニール)
ケルティック・バンドのチーフタンズとライ・クーダーとの共演盤です。
1846年から48年にかけてアメリカとメキシコの間で行なわれた米墨戦争で、メキシコに味方してアメリカと戦ったアイルランド系移民からなる英雄達”聖パトリック大隊”を描いています。
カルロス・ヌニェスやリンダ・ロンシュタット、エンヤの姉でクラナドの一員であるモイヤ・ブレナンが参加しています。
Pull Up Some Dust & Sit Down
Ry Cooder
[収録曲]
  1. No Banker Left Behind
  2. El Corrido de Jesse James
  3. Quick Sand
  4. Dirty Chateau
  5. Humpty Dumpty World
  6. Christmas Time This Year
  7. Baby Joined the Army
  8. Lord Tell Me Why
  9. I Want My Crown
  10. John Lee Hooker for President
  11. Dreamer
  12. Simple Tools
  13. If There's a God
ニューヨークのウォール街を舞台にしています。「No Banker Left Behind」はライ・クーダーがネットで読んでいるウォール街で評判のロバート・シアロが書く経済コラムの標題です。この記事を読んでいる時に、バンジョー奏者アンクル・デイヴ・メイコンがライに語りかけた言葉を重ね合わせて歌にしています。
取材でのライ自身の注釈によると、
『自宅でニュースを見聞きして、時事問題に注意を向けた時に、この国で起こっている出来事に腹を立てたり、むかついたりした気分をスッキリさせるため、それらに関わりのあることを曲にしただけだ。』
Ry Cooder - No Banker Left Behind
エレクション・スペシャル
ライ・クーダー
[収録曲]
  1. マット・ロムニー・ブルース
  2. ブラザー・イズ・ゴーン
  3. ウォール・ストリートめざして
  4. グアンタナモ
  5. コールド、コールド・フィーリング
  6. ゴーイング・トゥ・タンパ
  7. クールエイド
  8. 90アンド9
  9. その手をどけろ
”選挙特集”という表題で時事的な題材を歌っています。
Ry Cooder - Mutt Romney Blues
Live in San Francisco
Ry Cooder & Corridos Famosos
[収録曲]
  1. Crazy 'Bout an Automobile (Every Woman I Know)
  2. Why Don't You Try Me
  3. Boomer's Story
  4. Lord Tell Me Why
  5. Do Re Mi
  6. School Is Out
  7. The Dark End of the Street
  8. El Corrido de Jesse James
  9. Wooly Bully
  10. Volver Volver
  11. Vigilante Man
  12. Goodnight Irene
2011年8月31日と9月1日にサンフランシスコのグレイト・アメリカン・ミュージック・ホールで行われたライヴを収録しています。客席500席ほどで、「ショー・タイム」も同会場で録音されています。ライ・クーダーはパンダを演奏しています。パンダはメキシコ北部のシナロア州で生まれた音楽で150年ほどの歴史があります。時には20名ほどの大編成で演奏し、ホーンを使い、各楽器が2本ずつ -- トランペット2本、バルブ・トロンボーン2本、アルトホルン2本、クラリネット2本 -- が加わって演奏する場合もある賑やかなポップスです。