エリック・クラプトン Eric Clapton

偉大なるブルースの追随者で、柔軟性があり、流麗で気品のあるギター奏者です。
1945年3月30日にイギリスのサリー州リプリーで生まれました。17歳でギターを手にして、チャック・ベリー、バディ・ガイ、ビック・ビル・ブルーンジーなどの影響を受けました。ルースターズ、ケイシー・ジョーンズ&エンジニアーズなどのバンドを経て、1963年にヤード・バーズに加入し、かなりの人気を集めました。しかし、バンドのコマーシャル路線を嫌い、1965年に脱退すると、本格的なブルース・バンドであるジョン・メイオール&ブルース・ブレイカーズに加入しました。この頃に、オーティス・スパン、チャンピョン・ジャック・デュプリーなどのセッションに参加しています。
1966年6月にはジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーと組んでクリームを結成し、ブルースに基盤を置いて、即興を主体にした緊張感のある白熱のライヴ演奏によってロックの世界に革新をもたらしました。しかし、「カラフル・クリーム」、「クリームの素晴らしき世界」などのアルバムを発表した後、1968年末に解散してしまいました。
その後、ジンジャー・ベイカー、スティーヴ・ウィンウッド、リック・グレッチと共にブラインド・フェイスを結成しました、ところが、1969年に全米巡業を行っている途上で解散してしまいました。クラプトンは前座を務めていたデラニー&ボニーと意気投合し、デラニー&ボニー&フレンズの一員として巡業を続けます。そして、彼らとデレク&ドミノスを結成してアルバム「いとしのレイラ」を発表しました。
その後、アルコールやドラッグ中毒を克服するために3年間の療養の時を過ごしました。1974年にはアルバム「461オーシャン・ブールバード」を発表して復活します。この中の一曲、ボブ・マーリー作「アイ・ショット・ザ・シェリフ」は全米1位を記録しました。
1988年にデビュー25周年記念のボックス・セット「アンソロジー」を出し、1992年にはアコースティックでのライブ・アルバム「アンプラグド」が全米2位を記録しました。
2009年の来日公演は、2月12日、13日、14日、16日、そして21日、22日はジェフ・ベック( Jeff Beck )と競演しました。
2011年11月17日、19日、21日、22日、24日、26日、28日、30日、12月2日、3日、6日、7日に来日公演でした。ステーヴィ・ウィンウッドと一緒です。
2014年2月18日、20日、21日、23日、25日、26日、28日に来日公演しました。 2016年4月13日、15日、16日、18日、19日に来日公演しました。
Eric Clapton & Friends: The Breeze
Eric Clapton
[収録曲]
  1. Call Me The Breeze
  2. Rock And Roll Records (feat. Tom Petty)
  3. Someday (feat. Mark Knopfler)
  4. Lies (feat. John Mayer)
  5. Sensitive Kind (feat. Don White)
  6. Cajun Moon
  7. Magnolia (feat. John Mayer)
  8. I Got The Same Old Blues (feat. Tom Petty)
  9. Songbird (feat. Willie Nelson)
  10. Since You Said Goodbye
  11. I’ll Be There (If You Ever Want Me) (feat. Don White)
  12. The Old Man And Me (feat. Tom Petty)
  13. Train To Nowhere (feat. Mark Knopfler and Don White)
  14. Starbound (feat. Willie Nelson and Derek Trucks)
  15. Don’t Wait (feat. John Mayer)
  16. Crying Eyes (feat. Christine Lakeland and Derek Trucks)
「Appreciation Of JJ Cale」と副題が付けられています。J.J. Caleへの追悼盤です。
クラプトンのレーベルであるサーフドック・レコードから発売されています。
Eric Clapton & Friends - Call Me The Breeze
オールド・ソック
エリック・クラプトン
[収録曲]
  1. 遠い道のり
  2. エンジェル
  3. 丘に住む人
  4. ゴッタ・ゲット・オーヴァー
  5. 井戸が枯れるまで
  6. オール・オブ・ミー
  7. 空しき人生
  8. スティル・ゴット・ザ・ブルース
  9. グッドナイト・アイリーン
  10. ユア・ワン・アンド・オンリー・マン
  11. エヴリ・リトル・シング
  12. わが恋はここに
にやけた顔のジャケット写真と表題Old Sock(くたびれた靴下)がこのアルバムを物語っています。
タジ・マハール、J.J.ケイル、チャカ・カーン、ポール・マッカートニー、スティーヴ・ウィンウッドらが客演しています。
Eric Clapton - Further On Down The Road
プレイ・ザ・ブルース(CD+DVD)
ウイントン・マルサリス&エリック・クラプトン
[収録曲]
CD
  1. アイス・クリーム
  2. フォーティ・フォー
  3. ジョー・ターナー・ブルース
  4. ザ・ラスト・タイム
  5. ケアレス・ラヴ
  6. キッドマン・ブルース
  7. いとしのレイラ
  8. ジョリエット・バウンド
  9. ジャスト・ア・クローサー・ウォーク・ウィズ・ジー
  10. コリーヌ、コリーナ
  11. スタッガー・リー (フィーチャリング タジ・マハール)
DVD
  1. アイス・クリーム
  2. フォーティ・フォー
  3. ジョー・ターナー・ブルース
  4. ザ・ラスト・タイム
  5. ケアレス・ラヴ
  6. キッドマン・ブルース
  7. いとしのレイラ
  8. ジョリエット・バウンド
  9. ジャスト・ア・クローサー・ウォーク・ウィズ・ジー
  10. コリーヌ、コリーナ
  11. スタッガー・リー
2011年4月にニューヨークのジャズ・アット・リンカーン・センターで行った、”新伝承派”と呼ばれるジャズ・トランペットの名手ウィントン・マルサリスとの共演を収録したライヴ・アルバムです。
前座を務めたタジ・マハルが最後の2曲に歌とバンジョー演奏で参加してます。DVDにはタジが歌うスタッガ・リーが追加収録されています。
クラプトン
エリック・クラプトン
[収録曲]
  1. トラヴェリン・アローン
  2. ロッキング・チェアー
  3. リヴァー・ランズ・ディープ
  4. ジャッジメント・デイ
  5. ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン
  6. マイ・ヴェリー・グッド・フレンド・ザ・ミルクマン
  7. キャント・ホールド・アウト・マッチ・ロンガー
  8. ザッツ・ノー・ウェイ・トゥ・ゲット・アロング
  9. エヴリシング・ウィル・ビー・オールライト
  10. ダイヤモンズ・メイド・フロム・レイン
  11. ホエン・サムバディ・シンクス・ユアー・ワンダフル
  12. ハード・タイムス・ブルース
  13. ラン・バック・トゥ・ユア・サイド
  14. 枯葉
ドイル・ブラムホールⅡがプロデュースをしています。ドイルとの共作「Run Back To Your Side」を除いては、すべて追演曲から成っています。
原曲を上げておくと、
  1. Traveling Alone - リル・サン・ジャクソン( Lil Son Jackson )
  2. Rocking Chair - ホギー・カーマイケル
  3. River Runs Deep - J.J. ケイル( J.J. Cale )の曲で71年の「Naturally」に収録されている。
  4. Judgement Day - スヌーキー・プライア―( Snooky Pryor )
  5. How Deep Is The Ocean - アーヴィング・バーリン
  6. My Favorite Good Friend Milk-Man - ファッツ・ウォーラー
  7. Can't Hold Out Much Longer - リトル・ウォルター( Little Walter )の曲。
  8. That's No Way to Get Along - ロバート・ウィルキンス( Robert Wilkins )の曲で、戦後に聖職者となっていた彼は「Prodigal Sun」(放蕩息子)として再録した。クラプトンはライ・クーダーに似た曲想を展開。
  9. Everything Wil Be Allrihgt - J.J. ケイル( J.J. Cale )の曲で72年の「Really」に収録されている。
  10. Diamonds Made From Rain - ドイル・ブラムホームⅡ、ジャスティン・スタンレー、ニッカ・コスタの共作。
  11. When Somebody Thinks You're Wonderfull - ファッツ・ウォーラー
  12. Hard Times Blues - レイン・ハーディン( Lane Hardin )の「Hard Time Blues」が原曲。
  13. Run Back To Your Side - クラプトンとドイルの共作。「ローリン&タンバリン」の曲調で演奏。
  14. 枯葉 - ジョセフ・コズマが作曲し、後に詩人であり脚本家のジャック・プレヴェールが詞を付けた。
クラプトンはこの内の7曲をライ・クーダーに聞かせて意見を聞いたそうです。「How Deep Is The Ocean」への反応が良かったそうです。
ライヴ・フロム・マディソン・スクエア・ガーデン
エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッド
[収録曲]
Disc.1
  1. 泣きたい気持
  2. ロウ・ダウン
  3. ゼム・チェンジズ
  4. フォーエヴァー・マン
  5. スリーピング・イン・ザ・グラウンド
  6. プレゼンス・オブ・ザ・ロード
  7. グラッド
  8. オール・ライト
  9. ダブル・トラブル
  10. パーリー・クイーン
  11. テル・ザ・トゥルース
  12. ノー・フェイス、ノー・ネイム、ノー・ナンバー
Disc.2
  1. アフター・ミッドナイト
  2. スプリット・ディシジョン
  3. ランブリング・オン・マイ・マインド
  4. 我が心のジョージア
  5. リトル・ウィング
  6. ヴードゥー・チャイル
  7. マイ・ウェイ・ホーム
  8. ディア・ミスター・ファンタジー
  9. コカイン
2008年2月25日~28日にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われたエリック・クラプトンとスティーヴ・ウィンウッドのライヴです。
Eric Clapton - Double Trouble (With Steve Winwood Live At Madison Square Garden)
Eric Clapton & Steve Winwood - Little Wing
Eric Clapton & Steve Winwood - Voodoo Chile Blues
Royal Albert Hall: London May 2-3-5-6 2005
クリーム
Reprise
[収録曲]
Disc.1
  1. アイム・ソー・グラッド
  2. スプーンフル
  3. アウトサイド・ウーマン・ブルース
  4. ねずみといのしし
  5. スリーピー・タイム
  6. N.S.U.
  7. バッヂ
  8. 政治家
  9. スウィ-ト・ワイン
  10. ローリン・アンド・タンブリン
  11. ストーミー・マンデイ
  12. 荒れ果てた街
Disc.2
  1. 悪い星の下に
  2. 間違いそうだ
  3. クロスロード
  4. ホワイト・ルーム
  5. いやな奴
  6. サンシャイン・ラヴ
  7. スリーピー・タイム
リユニオン・ライヴ -アット・ロイヤル・アルバート・ホール2005
ワーナーミュージック・ジャパン
[収録曲]
Disc.1
  1. アイム・ソー・グラッド
  2. スプーンフル
  3. アウトサイド・ウーマン・ブルース
  4. ねずみといのしし
  5. スリーピー・タイム
  6. エヌ・エス・ユー
  7. バッヂ
  8. 政治家
  9. スウィ-ト・ワイン
  10. ローリン・アンド・タンブリン
  11. ストーミー・マンデイ
  12. 荒れ果てた街
  13. 悪い星の下に
  14. 間違いそうだ
  15. スリーピー・タイム (BONUS/オルタネイト・テイク)
  16. 間違いそうだ (BONUS/オルタネイト・テイク)
Disc.2
  1. クロスロード
  2. トップ・オブ・ザ・ワールド
  3. ホワイト・ルーム
  4. いやな奴
  5. サンシャイン・ラヴ
  6. サンシャイン・ラヴ (BONUS/オルタネイト・テイク)
37年ぶりに再結成した伝説のロック・バンドであるクリームが、2005年5月2,3,5,6日の4日間、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行ったライヴの模様を収録しています。
ザ・ロード・トゥ・エスコンディード
J.J.ケイル&エリック・クラプトン
ワーナーミュージック・ジャパン
[収録曲]
  1. デンジャー
  2. ヘッズ・イン・ジョージア
  3. ミッシング・パーソン
  4. ホウェン・ディス・ウォー・イズ・オーヴァー
  5. スポーティング・ライフ・ブルース
  6. デッド・エンド・ロード
  7. イッツ・イージー
  8. ハード・トゥ・スリル
  9. エニウェイ・ザ・ウィンド・ブロウズ
  10. スリー・リトル・ガールズ
  11. ドント・クライ・シスター
  12. ラスト・ウィル・アンド・テスタメント
  13. フー・アム・アイ・テリング・ユー?
  14. ライド・ザ・リヴァー
アンプラグド~アコースティック・クラプトン
アンディ・フェアウェザー=ロウ(俳優)エリック・クラプトン(俳優)ケイティ・キッスーン(俳優)スティーヴ・フェロン(俳優)チャック・リーヴェル(俳優)テッサ・ナイルズ(俳優)ネイサン・イースト(俳優)レイ・クーパー(俳優)
ワーナーミュージック・ジャパン(DVD)
[収録曲]
  1. サイン
  2. ビフォー・ユー・アキューズ・ミー
  3. ヘイ・ヘイ
  4. ティアーズ・イン・ヘヴン
  5. ロンリー・ストレンジャー
  6. ノーバディ・ノウズ・ユー
  7. いとしのレイラ
  8. ランニング・オン・フェイス
  9. ウォーキン・ブルース
  10. アルバータ
  11. サンフランシスコ・ベイ・ブルース
  12. モルテッド・ミルク
  13. オールド・ラヴ
  14. ローリン・アンド・タンブリン
Otis Rush & Eric Clatpon - Double Trouble
セッションズ・フォー・ロバート・J
エリック・クラプトン(アーティスト)
ワーナーミュージック・ジャパン(CD+DVD)
[収録曲]
Disc.1
  1. スウィート・ホーム・シカゴ
  2. ミルクカウズ・カーフ・ブルース
  3. テラプレーン・ブルース
  4. イフ・アイ・ハッド・ポゼッション・オーヴァー・ジャッジメント・デイ
  5. ストップ・ブレイキン・ダウン・ブルース
  6. リトル・クイーン・オブ・スペイズ
  7. トラベリング・リバーサイド・ブルース
  8. ミー・アンド・ザ・デヴィル・ブルース
  9. フロム・フォー・アンティル・レイト
  10. カインド・ハーティッド・ウーマン・ブルース
  11. ランブリン・オン・マイ・マインド
Disc.2
  1. カインド・ハーティッド・ウーマン・ブルース
  2. ゼイアー・レッド・ホット
  3. ヘル・ハウンド・オン・マイ・トレイル
  4. スウィート・ホーム・シカゴ
  5. ホウェン・ユー・ガット・ア・グッド・フレンド〈クロスロード・コンサート・リハーサル~テキサス〉
  6. ミルクカウズ・カーフ・ブルース
  7. イフ・アイ・ハッド・ポゼッション・オーヴァー・ジャッジメント・デイ
  8. ストップ・ブレイキン・ダウン・ブルース〈ロバート・ジョンソンがレコーディングしたスタジオ~ダラス〉
  9. テラプレーン・ブルース
  10. ヘル・ハウンド・オン・マイ・トレイル
  11. ミー・アンド・ザ・デヴィル・ブルース
  12. フロム・フォー・アンティル・レイト
  13. ラヴ・イン・ヴェイン〈ホテル・ルーム~サンタモニカ〉
  14. ランブリン・オン・マイ・マインド
  15. ストーンズ・イン・マイ・パスウェイ
  16. ラヴ・イン・ヴェイン〈その他〉
  17. リトル・クイーン・オブ・スペイズ
  18. トラベリング・リバーサイド・ブルース
  19. インタビュー/オフショット映像等 ※〈3面デジパック仕様〉
いとしのレイラ
デレク&ザ・ドミノス( DEREK & DOMINOS )(アーティスト)
ユニバーサルインターナショナル
[収録曲]
  1. アイ・ルックト・アウェイ
  2. ベル・ボトム・ブルース
  3. キープ・オン・グロウイング
  4. だれも知らない
  5. アイ・アム・ユアーズ
  6. エニイデイ
  7. ハイウェイへの関門
  8. テル・ザ・トゥルース
  9. 恋は悲しきもの
  10. 愛の経験
  11. リトル・ウィング
  12. イッツ・トゥー・レイト
  13. いとしのレイラ
  14. 庭の木
1970年の作品です。デレク&ドミノスは、エリック・クラプトンがデラニー&ボニー&フレンズの一員として過ごした1年後に結成したバンドです。デュアン・オールマンが客演しています。このバンドはこの一枚を作っただけで解散しました。
表題曲の「いとしのレイラ」のギター・リフはアルバート・キングの曲「As The Years Go Passing By」の出だしのメロディを借用しています。速度を上げて弾いたのです。
「It's Too Late」はチャック・ウィリスの曲です。